スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
チャーリーとチョコレート工場 特別版 |ジョニー・デップ
2006 / 03 / 21 ( Tue )
チャーリーとチョコレート工場 特別版チャーリーとチョコレート工場 特別版
出演:ダニー・エルフマン /ジョニー・デップ /フレディー・ハイモア /デヴィッド・ケリー /ヘレナ・ボナム=カーター /クリストファー・リー
ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日 2006-02-03



監督ティム・バートン、主演ジョニー・デップの4度目の顔合わせは、ロアルド・ダール原作の人気ファンタジーの映画化。ウォンカ氏が経営する巨大なチョコレート工場に、5人の子どもたちが招待され、驚くべき体験をする。5人のなかで、唯一、貧しい一家の少年チャーリーで、天才子役のフレディー・ハイモアが名演技を披露している。ほぼ原作どおりの展開に、ウォンカ氏の幼少期のトラウマなど新たなエピソードが加わり、彼の人物像に深みが出た。
本作最大の面白さはバートンらしいブラック&シニカルなテイストだろう。子どもたちの性格や運命は原作以上に強烈だし、おかっぱ頭のジョニー・デップの演技も異様なインパクトだ。映像では、工場で働く小さな人々「ウンパ・ルンパ」や、クルミを割るリスたちなど、実写とCG、アニマトロニクスを駆使したマジカルな場面が必見。工場内のツアーは、テーマパークのアトラクションのごとく進み、各ポイントでのカラフルで奇妙な風景は目に焼き付いて離れない。自分にふさわしい題材を、うまく料理した映像で、バートンのひとつの集大成だと言ってもいいだろう。(斉藤博昭)

文句なく楽しめました 2005-10-05
映画館で見ました。チャーリーがゴールデンチケットを当てるまでのエピソードで、
チャーリーとその家族にホロっときてしまいました。
この後、チャーリーを応援したくなるには十分のエピソードです。
他の子供たちは、まあ可愛げはないのですが、「こういう子供、
いるよな」と思わせるキャラでもあり、トラブルに巻き込まれた時は
「どうなっちゃうの!?」とちょっと心配に。
でも彼らが工場から帰っていくシーンでは笑ってしまいました。工場の中は本当におとぎの国で、自分が食べるお菓子がこういう風に
作られていたら・・・こんなお菓子が本当にあったら・・・
と考えるだけでも楽しいです。
ウォンカ(実際はロアルド・ダール)の想像力に脱帽です。
これを映像化したティム・バートンや、ジョニー・デップをはじめと
する出演者、スタッフ達にも敬意を表したいです。「2001年宇宙の旅」のパロディ(?)はすぐにわかりましたが、
その他にもきっと見逃している「遊びごころ」があるような
気がします。
DVDが出たら、そんなシーンを探してみたいと思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫




スポンサーサイト
11:25:57 | 洋画 | コメント(0) | page top↑
<<Space of Hip-Pop -namie amuro tour 2005- |安室奈美恵 | ホーム | FILM KILLER STREET (Director’s Cut) & LIVE at TOKYO DOME (初回限定版) |サザンオールスターズ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。